心身障害児総合医療療育センター
プライバシーポリシー リンク
福祉サービス第三者評価 English

研修所のご案内
地図・交通案内
求人のご案内
沿革
昭和17年5月5日「整肢療護園」創設

当センターは日本で最初の肢体不自由児施設「整肢療護園」を発足の母体としています。「整肢療護園」は故高木憲次博士(東大名誉教授、整形外科)の大正時代からの熱意と努力により昭和17年5月に創設されました。

「療育」という言葉は今日では広く用いられていますが、これは障害児には、医療・教育・職能の賦与を三つの柱として生活すべての面にわたる総合的な指導が必要だとして高木先生が創られたものです。

その後第二次大戦中の東京大空襲のため施設の大部分を失ったため細々と療育の燈火をつなぎながら、昭和26年10月、高木憲次博士により再建されました。

昭和42年「むらさき愛育園」開設

昭和42年には、重症心身障害児施設「むらさき愛育園」を同じ構内に開設しました。それまで放置同然にされていた心身ともに重い障害をもった子供のために、児童福祉法が改正されたのを機につくつたものです。

昭和55年「心身障害児総合医療療育センター」と総称

昭和55年に至り、「心身障害児総合医療療育センター」と総称することとなりました。障害の重度化・多様化に即して総合的に対応するために、また広く開かれた医療・福祉サービス機関となる必要が生じてきたためです。昭和54年度の国家予算により外来療育部を新設し、整肢療護園・むらさき愛育園を統括してスタートしました。

センター紹介ビデオ


ダウンロード
ご覧いただくには「QuickTimePlayer」が必要です。
このページのトップへ
心身障害児総合医療療育センター
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-1-10
電話03-3974-2146(代表)
ファックス03-3554-6176
医療福祉相談 内線351、352(福祉相談室)
無許可転載厳禁
このホームページの内容の転載引用等を希望される方はご連絡ください。
Copyright 1997-2012 National Rehabilitation Center for Children with Disabilities