心身障害児総合医療療育センター
プライバシーポリシー リンク
福祉サービス第三者評価 English

研修所のご案内
地図・交通案内
求人のご案内
むらさき愛育園
むらさき愛育園

「最も弱い存在」を支える医療と生活支援 むらさき愛育園長 北住 映二
北住映二

昭和41年に「重症心身障害児施設」が国の制度として設置されることになり、それを受けて、むらさき愛育園は約40年前に歩みを始めました。御両親たちの懸命な努力がこの制度の発足の原動力となりましたが、御両親たちを中心とした「全国重症心身障害児(者)を守る会」は、「最も弱いものをひとりももれなく守る」ことを活動の基本理念としています。人生の初めの段階でこの「最も弱い存在」になった方々の、生命と生活と人生を支えていくのが、私たちの仕事です。

厳しくなりつつある経済的状況と看護師不足の社会情勢の中で、職員は、利用者(入園者)の方々の生命を守り生活を支え、それぞれの方の個性を大事にすることを基本とした療育を維持するために、努力しています。平成18年の重症心身障害学会でセンター呼吸障害援助研究グループが「あすへの療育最優秀賞」受賞記念講演を行いました。平成17年度重症心身障害療育学会でのむらさき愛育園からの発表は療育敢闘賞を受け、18年度の発表も優れた発表であるので論文にするようにとの指示を受けました。このような「質」を維持し守っていくことも私たちの責務であると考えております。関係の方々の御理解・御協力を御願い致しますとともに、少しでも多くの看護師や福祉職の方々が、私たちのセンター、むらさき愛育園の療育スタッフの仲間として加わっていただけるよう、願っております。



むらさき愛育園看護科長 高橋 由美子

むらさき愛育園では、日々重症心身障害児・者の方々の生活を支える看護を行っています。ご利用されている方々の生命と人権を尊重し、お一人お一人が健やかで、また豊かな生活を送っていただけるよう、そしてそのために、より良い療育をバランスよく提供出来るよう、共に働く医師、保育士、指導員、介護福祉士、また訓練士、臨床心理士、ケースワーカーの方々と、更にはご家族の方とも一緒に考え、話し合い、仕事を行っています。

むらさき愛育園は3病棟体制で、医療処置の対応により、傾斜配置をとっていますが、近年利用されている方々の殆どが成人となられ、いずれの病棟でも加齢による重症化や機能の低下が見られます。そしてその健康を守り、安全で、安心な、また心豊かな生活を送っていただくために、職員には様々な専門的知識や具体的対応力が求められています。重症心身障害児・者である利用者の方々それぞれの個性を大切にし、そしてそのニードを理解し、それに応えるのは大変なことですが、職員は日々忙しい業務の中で、工夫、創造し、また自ら学び、療育の内容と質を維持する努力をし、利用者の方々が病気の時も、健康な時も穏やかに過ごせる様に、また笑顔が沢山見られることを願っています。

重症心身障害児・者の方々を理解し、またその看護・療育に関心がある看護職並びに福祉職の方々がわたし達と一緒に働いて下さることを願っています。




むらさき愛育園の生活
6:00〜 起床
8:00〜 朝食 洗面
10:00〜 水分補給
  居室・個別活動
  日中活動(カレッジ)
  入浴(週2回)
12:00〜 昼食
14:00〜 居室・個別活動
  日中活動(カレッジ)
  水分補給
  入浴(週2回)
17:00〜 夕食 洗面
18:00〜 自由活動
  水分補給
  就寝準備
21:00 消灯
パンダが迎えます
パンダが迎えます
病棟
病棟


勤務室
勤務室
病室
病室
日中活動(車椅子ダンス)
日中活動(車椅子ダンス)
浴室
浴室
運動サークル
運動サークル
スヌーズレン
スヌーズレン


むらさき愛育園の活動

看護職と支援職(保育士・指導員・介護福祉士等)が協働して、利用者様お一人おひとりが豊かに生活できるよう個別やグループの様々な生活プログラムを用意いたします。 例えば、四季を彩る装飾や植物を配置するなど生活環境に配慮し、個別対応では、利用者様の趣味に応じた外出や活動、外部企画の活用等々が、全体やグループ対応では各種行事・企画、日中活動(カレッジ)、園外活動、サークル活動(運動、音楽など)等を実施いたします。


 <具体例>
全体・病棟毎の行事は、
6月〜8月   交遊会、文月祭、夏の集い(病棟毎の行事)
10月     オータムフェスティバル(療育センター全体行事)
12月     クリスマス会(各病棟で実施)
毎月の各病棟企画として、
お誕生会、調理実習、お楽しみ会、園外活動、お散歩、外食、季節に応じた企画が催しされます。


アトラクション
アトラクション
オータムフェスティバル
オータムフェスティバル
園外活動
園外活動
お誕生会
お誕生会
クリスマス会のひととき
クリスマス会のひととき
ボランティアの定期コンサート
ボランティアの定期コンサート



スタッフ紹介

看護師 中村 美佐子
中村美佐子

私は小学生の時、脊椎側彎症と診断され、その治療をしていく中で、将来は看護師さんか、障害を持った方の役に立てる仕事に就きたいと思うようになり、介護福祉士、看護師と資格を取得しました。数年間一般病院に勤めましたが、看護雑誌でセンターのことを知り、自分のしたかったことと重なった為、就職を決めました。

就職してから10年が経ちますが、言葉でのコミュニケーションが困難な利用者さんを本当に理解できているのか、未だ自信はありません。うまく思いが通じず、落ち込むこともあります。だからこそ、自分のした事で利用者さんが喜びを表現してくれたり、いち早く異常をキャッチできた時は一般病院とは違った自分のやっている事の意義を感じる事ができます。私がここで勤めていられるのは、他の職員に助けられているということと、利用者さんの純粋な笑顔のお陰だと思っています。



保育士 國吉 朋子
國吉朋子

私は、小学生の時に「ねむの木学園」についてのテレビ番組を見て、障害を持った方に携わる仕事がしたいと思い、むらさき愛育園へ就職しました。 日々単調になりがちな日常ですが、利用者さんの笑顔を見たいという思いで接しています。でも、実際は私がその笑顔に励まされて今まで仕事をしてくることができました。むらさき愛育園で仕事を始めてから、結婚・2人の子供の出産とありましたが、家族や職場の理解や協力、また同じ子供のいる職員と時には愚痴を言い合いながらも、お互い励ましあって仕事を続けています。



指導員 小林 範之
國吉朋子

むらさき愛育園に入職し早二年が経ちました。目まぐるしく変わっていく日々の状況に大変さを感じる時もありますが、利用者さんの笑顔に助けられ、励まされながら過ごしてきました。そんな笑顔をいつまでも見ていけたらと思っています。それぞれの職員がお互いを高めあっているのが、むらさき愛育園だと思います。諸先輩方の優しく、そして時に厳しいご指導もありますが、日々充実したものを得ているように思います。そんな、当たり前のことと思うかもしれませんが、それが出来ているのがこの職場です。

「施設」ではなく、利用者さんにとって此処は「家」です。もっともっと温かみのある「家」にしていけるよう頑張っています。


このページのトップへ
心身障害児総合医療療育センター
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-1-10
電話03-3974-2146(代表)
ファックス03-3554-6176
医療福祉相談 内線351、352(福祉相談室)
無許可転載厳禁
このホームページの内容の転載引用等を希望される方はご連絡ください。
Copyright 1997-2012 National Rehabilitation Center for Children with Disabilities